嶋田慶太’s Esthetic Shade:究極の身体を求めて! SESSION FOUR 肩トレ編

第四弾は『THE・肩トレ』。「緊張して心拍数が上がりいつもよりパンプが早い!」という嶋田選手! 
いったい何が起こったのか?! 
「ゴールドジムベニス第一ルーム奥」さながらの「よく見える鏡」前では
血管が走りストリエーション出まくりのまんまるの肩でポージング! 
血流が激しく大きくパンプした三角筋は、その存在感を最大限に主張した!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter